水商売とチャットレディを比べてみたら

どっちが稼ぎやすい?風俗とチャットレディ

女性の副業と言えば、チャットレディ以外にもキャバクラやガールズバーや風俗などがありますが、稼ぎやすさや稼げる額はもちろんのこと、その他の利点などを比べてみましょう。

女性の仕事として高給な仕事の風俗やキャバクラなどの水商売と、オンラインでできるキャバクラみたいな感覚でできるチャットレディはとても似ています。

チャットレディはキャバクラなどの水商売と比べると、男性客と直接あう必要もないですし、アルコールを摂取する必要もないので、かなり有利だといえるでしょう。

チャトレはネットを介しているので、チャット画面をキャプチャされてしまうというデメリットがあります。

次に女性が高給を稼げるバイトの代表格である風俗と比べてみると、風俗は日給が高いというメリットがありますが、不特定多数の男性とセックスをしなければいけないという性病のリスクもあります。

風俗や水商売などの高時給なお仕事と、チャットレディを比べてみると、結局どっちがお得なのでしょうか?それは間違いなくチャットレディだと思います。

女性が一番稼げると言われているキャバクラや風俗などと比べても、チャットレディは同じかまたはそれ以上に稼ぐことができますし、24時間365日いつでも好きなときに、通勤チャトレでも在宅チャトレでも変幻自在に働くことができます♪

当ページでは、女性が稼ぎやすい職業であるチャットレディと、キャバクラで働くことと、どちらが総合的にメリットがあるのか比較検証していきたいと思います。

チャットレディのメリットとは?

メリット1 アルコールを飲まなくていい

キャバクラや風俗とチャットレディを比べたときに、まず真っ先に思いつく圧倒的なメリットとして、直接対面する必要がないということですね。

男性ユーザーと直接的にあう必要がないので、エッチなことをされたり、お酒を飲まされたりということもなく、物理的にも精神的にもサクサク仕事ができて、女性にはうれしいメリットですね。

たまには、いやなお客さんもいます。たとえばアダルトを強要してきたり、しつこくいってきたりするお客さんです。そういう人は強制退場機能を使えば楽々ブロック出来るので、使いこなしましょう。

メリット2 収入が高い

チャットレディの時給は圧倒的です。なんと平均時給が4000円にもなります。最高で7000円を超えるので、一回チャットレディの時給を味わったら、普通のバイトができなくなりますね♪

月収に換算するとアダルトありかなしか、顔出しありかなしかによっても変わりますが、毎月20万円以上稼ぎ続けている人もたくさんいます。

報酬額ランキングにいつもランクインされているようなチャットレディには毎月100万円以上を平気で稼ぎ続けている女性もたくさんいますね♪

メリット3 スマホ一台あればいつでもどこでもOK!

チャットレディのメリットで抜かすことができないのは、自由自在に仕事時間が決められる点ですね。ネットに接続できる環境があれば、家の中でも外でも、その場がすぐに仕事場になっちゃいます。

チャットレディはネット上が職場環境なので、通勤チャットレディというものもありますが、基本は在宅ワークみたいなもので、自分の働きたい隙間時間に好きなだけ働くことができます!30分でもいいですし、3時間でもいいです!

メリット4 隙間時間をお金に換えることができる

チャットレディはスマホやパソコン一台あれば好きなところで好きなタイミングで働くことができます。

ライブチャットサイトというのは24時間365日稼働しているので、深夜でも仕事ができます。なんか眠りにつけないなんて日も、深夜帯でもお客さんはいるので、寝れないときはチャットレディで稼いじゃいましょう!

ライブチャットサイトを楽しんでいる男性ユーザーもスマホから気軽にログインできるので、男性側も隙間時間に女性とのチャットを楽しんでいるので、24時間お客さんがひっきりなしにいます!

メリット5 見た目関係なく女性なら誰でもOK!

キャバクラや風俗店などはそのお店の求めている女性のキャラクターみたいなのがあるので、すべての女性が採用というわけにはいきません。

チャットレディはデータ的に在籍すればいいだけなので、チャット運営者側にとって採用したら費用がかかるということもないので、ほぼ全員が受かります。

私自身も知り合いでチャットレディを何人もやっている人がいますし、応募した人もいますが、落とされたという人を聞いたことがありませんので、安心して応募してみてください。

チャットレディのメリットは他にもあって、その即効性ですね。面接して登録完了してその日のうちに稼働することが可能です。

メリット6 見た目だけじゃない!

チャットレディは容姿をあまり気にする必要はありません。顔出しなしでも稼ぐことができますし、顔の好みなんて人それぞれなので、必ずしも容姿端麗な人が人気になるというわけではありません。誰でも仕草とか会話のテクニックで人気者になれます!

顔出しなしで稼ぐ秘訣はアダルトチャットにあります!アダルトに抵抗がなかったり胸やくびれに自信がある女性はアダルトを顔出しなしでやりましょう♪

そもそもライブチャットを利用している男性会員というのはキャバクラなどと比べて母数や絶対数がダントツに多いので、それだけ自分のことをすいてくれる男性がたくさんいます。

チャットレディは容姿端麗でなくても、いろいろな稼ぎ方があります。メールだけでも何万も稼いでいる人もいますし、スタイル抜群さを売りにしている人もいますし、アダルト一本でやっている人もいます。自分にあったスタイルを売りにしましょう!

デメリット1 顔バレする可能性がある

チャトレのデメリットと言えば、チャットレディをやっていることが、知り合いや家族などにバレてしまうことですね。

ライブチャットサイトによって違いますが、アダルトなら顔出ししなくてもOKでも、ノンアダルトは顔出し必須のところもあります。待機中の顔出し状態でもし誰か知り合いに見られたら身バレしてしまうということです。

顔バレしたくないひとは顔出しなしのアダルトチャットが一番おすすめですが、顔出しありの方が男性受けがいいので、顔出しありでやりたいけど、顔バレが怖いという人は、メイクやウィッグで印象をがらっと変えてしまうと言うてもありまりますのでとてもおすすめです!チャットルームにはウィッグや衣装の無料貸し出しサービスもあります!

顔を見られて顔バレだけじゃなくて、住所や氏名や年齢などが漏れてしまうのではないかと思っている人もいると思いますが、大手の老舗サイトだったら厳重に管理されているので、まず漏れることはありませんので安心してください。中小の怪しいサイトに登録してしまったら漏れる可能性もなきにしもあらずです。

ライブチャットを運営している会社からチャトレの住所や氏名や年齢などが漏れることはないと思いますが、チャトレ自身が自分からいってしまったら意味がありませんので、男性ユーザーと仲良くなっても、仕事だと割り切って、あまり個人情報はいわないに超したことはありません。

デメリット2 歩合制だからチャットしてくれないと報酬がない

ライブチャットサイトというのはすべてフルコミッションです。代理店によっては待機時間のみでも報酬があるところもありますが、現状少ないです。

時給制のアルバイトは待機だろうがなんだろうが時間に対して報酬がもらえますが、チャットレディは実際にチャットするまで報酬が発生しないのがデメリットといえますね。

チャットレディの平均的な時給は4000円くらいですが、これは待機時間を含めない時給なので、なるべく稼働できるような人気のチャットレディになる必要があります。

デメリット3 画面をスクリーンショットとられる可能性

チャットレディはパソコンを介してやりとりしているので、キャバクラや風俗みたいに面と向かって写メをとりにくいという状況ではなく、簡単にキャプチャをとられてしまう危険性もあります。

ライブチャットサイトはキャプチャ対策をいろいろしていますが、完全にキャプチャできないようにすることはできません。

キャプチャすることを防ぐことはできませんが、ネット上に流すことは犯罪行為なので、そんなことまでしてネット上に流す人はいません。個人利用が目的の人がほとんどです。

風俗とチャトレは何が違う?

メリット1 ものすごい高給取り

風俗は女性のないとワークの中でもトップクラスに稼げます。ピンサロで1,2万円くらい、デリヘルで2,3万円くらい、ソープランドで4,5万円くらいの日給になります。

やはり風俗は肉体を酷使しなければならないので、高い報酬が保証されています。とにかく稼ぎたい!という人にはおすすめですね。

メリット2 他のバイトより自由度が高い

風俗はチャットレディとは違い店舗に出勤する必要がありますが、一般的なバイトやパートに比べて、個人個人の好きな時間帯に出勤することができます。

メリット3 即金でもらえる

風俗のメリットは完全に即金で報酬をもらえるところです。その日に稼いだ分が帰りには確実にもらえるので即金がいいという人にはうれしい制度です。

デメリット1 濃密な接客が必要

風俗は直接的に濃厚なサービスを提供しなければいけないので、不潔な男性だとか礼儀が乏しい男性だとかにあたったとしても接客し続けなければならないのはデメリットです。

生理的に受け付けられないような男性もいると思いますが、そこはお金をもらっているので、どうしてもサービスをしなければいけませんので精神的な負担が大きいと思います。

デメリット2 性病のリスク

風俗の最大のデメリットは男性客から性病をうつされるかもしれないというところです。濃厚接触をしなければならないので性病のリスクが他の職業と比べて格段に高くなります。

デリヘルマニアとかソープマニアみたいな男性はいろいろなところで性病をもらってきている確率が高く、そういう男性が客だったら性病のリスクが上がります。

デメリット3 年齢がいっていると稼ぎにくい

風俗は肉体的なサービスなので、どうしてもピチピチの若い肌が好まれる傾向にあり、指名されるのはいつも若い子になってしまいがちです。

デメリット4 身バレする可能性がある

自分が働いている風俗の店舗に知り合いの男性が来店して、接客なんてすることになったら、完全にあなたが風俗嬢をやっていると言うことが知れ渡ってしまいます。

チャトレと水商売どっちがメリットが多い?

両方とも時給が高い

風俗とチャットレディはどちらも、一般的なコンビニバイトなどと比べてみるとものすごい高時給な部類に入ります。

チャットレディに収入の上限はありません。パーティーチャットなどで複数人を同時に相手にすることにより物理的な制限なくいくらでも稼ぐことが論理的には可能なんです。

超絶売れている人気チャットレディは時給3万円以上の人もいるくらいで、そういった人は月収にすると300万円くらい稼いでいます。

一般的な普通に稼働しているチャットレディでも日収に換算すると1万円くらい稼げるといわれています。デリヘルだと2,3万円くらいです。

チャットレディも他の水商売に比べて、負けず劣らず稼げる職業ですが、風俗もかなり高く、肉体労働な分、チャットレディよりも風俗嬢の方が稼げる計算になります。

風俗とチャットレディは似ている業務形態で、どちらも完全に歩合制となっています。

チャットレディも風俗も待機時間がながくなればなるほど、稼働したときの時給がうすまってしまって、チャットサイトに長時間待機した割には、全然稼げなかったなんてことになります。

ライブチャットサイトでオンラインで待機できるチャットレディはターゲットになるお客さんが大量にいるので、風俗に比べてメリットが多いです。

自分の空き時間にバイトできる

ライブチャットというものは基本的に年末年始だろうがお盆だろうが土日だろうがゴールデンウィークだろうがいつでもやっているので、文字通り24時間365日働くことができます。

それに比べて風俗は店舗の営業時間があるので、その範囲内でしか働くことはできませんが、他のバイトと比べてみても比較的好きな時間にシフトを組むことができるといわれています。

その日の給料はその日にもらえる

風俗とチャットレディは日払い可能なところが多いです。風俗はほとんどすべてといってもいいくらいその日のうちの報酬はその日の帰りにもらうことができます。チャットレディは日払い可能なところもありますが、ほとんどは翌日に振込のところが多いです。

ノルマが設定されていない

チャットレディも風俗もノルマなんてものはほぼなくて、来客分だけ働けばいいという形なので、のんびりマイペースに働くことができますね。

チャットレディの方がメリットがある!

ここまでで、風俗嬢をやるメリットとチャットレディをやるメリットをひたすら比較してきましたが、全体的にいろいろな切り口で見てみるとチャットレディの方がさまざまな面で優れていることがわかります。

チャットレディはネットを介した接触のみなので、衛生環境や性病などのリスクもありませんし、通勤のめんどくささなどもないので、とても気楽にサクッとお仕事できますね♪

チャットレディならバーチャル空間でお仕事できて、男性と接触どころか同じ空間にいる必要もないので、きれい好きな女性全般から人気が高くなっている副業です!

チャットレディが優れている点は他にもいろいろあって、隙間時間に稼ぐことができます♪

風俗でもチャットレディでも融通がききやすいといわれていますが、チャットレディなら自宅にいる隙間時間に働くことができますし、文字通り24時間365日働くことができます。

風俗と比べてチャットレディは男性ユーザーがおおく、マーケットが巨大な点もメリットの一つですね。

チャットサイトをつかって、女性のアダルトパフォーマンスを見て、性欲を満たしているひとと、風俗店を実際に利用している男性には、圧倒的な差があります。もちろんライブチャットの方が費用がかかりませんし、パソコンやスマホ一台あれば気軽に利用できるので、毎日利用者が増え続けているので、マーケットの規模が圧倒的に大きいんです。

リアル世界の男性ユーザーとネット世界の男性ユーザーでは分母が違いすぎるのです。40代以降などの女性は、熟女専門風俗でお客さんを見つけるよりも、熟女専門ライブチャットの方が圧倒的にお客さんやリピーターさんが付いてくれやすいです。

ネット上にはさまざまな趣味嗜好をもった男性がいますし、そもそもネットでバーチャル空間なので、気軽に利用しやすいというのもあって、50代でもチャットしたいという人もいるくらいです。

以上、風俗で働いた場合のメリットデメリットと、チャットレディで働いた場合のメリットデメリットを比較してきましたが、どちらが気に入りましたでしょうか。

一気にたくさん稼ぎたいひとは、ソープやファッションヘルスがおすすめですが、自宅や通勤チャットレディでのんびり誰にも邪魔されずマイペースに稼いでいきたいというひとはチャトレがおすすめです!

チャットレディはソープやデリヘルにくらべると時給や日給では劣ってしまうかもしれませんが、肉体的精神的な負担がほぼないので、気楽にできると思います。それに普通のアルバイトと比べると何倍も時給が高いので、是非一度やってみてください♪

↑ PAGE TOP